banner_02.gif ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 料理ブログへ ブログ人気ランキング a_03.gif

2006年03月09日

澤屋まつもと 純米 厨酒(くりやざけ)

こちらも見つけました。

澤屋まつもと 純米 厨酒(くりやざけ)

2006年1月19日21時から放送分です
【製造元】松本酒造株式会社
容量 720ml アルコール度数 16〜17%

原料米  五百万石、ひとめぼれ
原材料名 米・米麹
甘辛   やや辛口






 純米厨酒とは、料理に使っていたく事を視野に入れ造られた
純米酒です。


 昔と比べ、大した量を使わないのでしたら、この際「ちゃん
とした料理用のお酒」を使ってみてはいかがでしょうか?


 『厨酒(くりやざけ)』一番の特徴は、各種アミノ酸が通常
の日本酒の5〜6倍の量を含まれていることです。


 煮込みなどに使う料理酒は、煮込んでいる際にアルコールは
気化して無くなります。つまり料理酒とは日本酒に含まれる各
種アミノ酸が必要なため用いられているのです。
 

 各種アミノ酸が6倍多いという事は、使用する量を3分の1
に減らしても、添加されるアミノ酸は通常の料理酒より倍も多
く含まれる事になるのです。


 料理酒に720mlで900円(税抜き)は高い印象をもたれると
思いますが、しかし実際は3分の1の量で充分であるため、通
常の料理酒で換算しますと720mlで300円(税抜き)となり実
にお得な料理酒となります。


 更にもう一つの特徴として、この厨酒にはガンマアミノ酸が多
く含まれています。


 ガンマアミノ酸は抗酸化作用があり、腐敗菌に対し抵抗力があ
るため、造った料理が日持ちする効果が期待できます。


 この「厨酒」自体も濃醇系の純米酒であるため、開封の後の酸
化にも強く、長期保管に十分耐えられます。開封後、半年〜1年
は全く問題ありません。


 また、純米酒ですので、普通に飲んで頂いてもかまいません。


 酵母と米が醸し出した美味しさをそのまま飲んで頂ける、今ま
でになかった、極めて個性豊かな純米酒です。


 そのため、あらゆるお料理の調理にご使用頂くと、コクと旨味が
増加し、より美味しくお楽しみ頂けます。ですのでご使用の際は少
量で十分です、入れすぎにご注意下さい。

posted by こやた at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ(blog)ならFC2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。